徒然銀輪爆走記

稲城FIETSクラスアクトの佐藤 光のブログです。主にレースレポートなどを載せます。

YOUはなぜJプロツアーに? 2022年総括

稲城FIETSクラスアクトの佐藤光です。超久しぶりのブログ投稿になります‼︎

10月29日、今治クリテリウムをもちまして2022年度のJプロツアーのレースを終えました。

全18レース。3回DNS。2回DNF。シングルリザルトを残せたのは6レース。

初年度にしては上出来だと思います。想定外の新人賞ジャージも着用することができました。

総括がてら経緯から書いていきます。

 

経緯

2021年は4回くらいしか大会に出ていませんでした。全日本選手権も集団完走が精一杯でプロツアーなんて遠い夢だと思っていました。

高校の自転車部時代からロードレースには年5回出れたらいいほうで、全国大会の経験も少ないです。

来年もベースを作って、いつかJプロツアーのレースに出れたらなー。そんなことを思ってTwitterに投稿しました。

f:id:hikarusatoutokyo:20221101194017j:image

投稿から1時間弱。DMが届いていました。

FIETSの松下さんから。内容はスカウトでした。

いいんですか?皮肉投稿が多いガキをスカウトして!?

リタイアも多くなるけど、記念として出ておこうかなと思いプロツアーに稲城FIETSクラスアクトで登録しました。

 

いざ実戦

FIETSで初めて走ったレースはJプロツアーのレースではなく富士クリテリウム

ホビーレースとは違う、位置取り争いの激しさや集団の密度に圧倒されて何もできませんでした。走り方が危ないとの注意もありました。

f:id:hikarusatoutokyo:20221115210300j:image

アドバイスもいただき、どうしたら改善できるかを考えました。今シーズンはずっとトライ&エラーの繰り返しです。

そうして挑んだJプロツアーの初戦の播磨中央公園ロードレースは走り方で他選手に迷惑はかけたものの力技で完走しました。完走後、地面に倒れるほどキツかったです。

レースを重ねるごとに他のプロ選手の走り方を見真似してみたり、アタックのタイミングを見極めたりと環境から学んでいきました。

完走は当たり前です。自分の稼いだお金で遠征しているのだから無駄にするわけにはいきません。最後まで見て、学べることは全て得て帰るべきです。

 

シングルリザルト

レースにも慣れてきた6月。大学とバイトと疲労はありましたが、練習はコンスタントに続けてきました。

富士ヒルクライムのプロ選手がエントリーしたエキシビジョンクラスではプラチナタイムで優勝することができました。

f:id:hikarusatoutokyo:20221115212213j:image

翌週の東日本クラシックday1では8位。(day2は補給を怠りリタイア)

全日本選手権 U23はタイミングを見極めることができずに11位で終わってしまいました。

今年1番の成績だと思う、古殿ロードレースでは完走者8人の中で粘り完走しました。

f:id:hikarusatoutokyo:20221115213356j:image

力技で完走してきた僕ですが、考えたことや周りのアドバイスが身を結んできました。自分もプロになれるのではと思い始めたのはこの頃からです。

 

新人賞

古殿ロードレースを完走後、プロツアーのポイントでU23で2位で1位の選手と差が詰まっている状況でした。しかし1位の選手は僕より経験もあるし、レース成績は輝かしいものばかりです。

周囲から狙えるのではないかと言われたので、その度に獲りに行くよと自信気に返して見栄を張っていました。内心では諦め気味でしたが。

そして迎えた南魚沼ロードレース。ポイント配点が1番高いレースで緊張感がありました。

Jプロツアーのロードレースで初めてアタックすることができ、8位という結果で終えました。

新人賞も獲れてしまいました。

f:id:hikarusatoutokyo:20221115223356j:image

群馬3連戦まで維持できましたが、かすみがうらタイムトライアルを金銭面の事情でDNSしました。そうしたことでリーダージャージを失いましたが、かすみがうらで奪われるのは予想していたことでした。このときメンタルも極度に疲労していたので、ロードレースでは精彩を欠き落車してしまいました。

初戦のレベルから新人賞のジャージを着用することはJプロツアー1年生の身には高望みでした。なので最初は目標にしていませんでした。これは予想外の出来事であり、プレッシャーも感じました。

しかし、1度でも着用できた経験は僕を成長させてくれました。

f:id:hikarusatoutokyo:20221115223332j:image

 

メンタル

その後の今治クリテリウムで落車して、2週間連続で落車したことによりメンタルもどん底になってしまいました。そういった状態で走ったツールドおきなわでは、チームカーと補給が上手く噛み合わず完全に心が折れました。

ツールドおきなわでも僕は新人賞を狙っていましたが、先輩が獲ったのでチームとしては上々の結果です。

後味の悪いシーズンエンドになりました。しかし、大学や週3日のバイトに行きながら昨年の5倍の数のレースをこなしてこの結果なら満足です。全体で見たときにとても良い成績を残せたと思います。

この結果で満足するな、お前よりすごい人もいる、などと内心思っている人もいるかもしれません。そんなことはわかっています。

妥協することも大事だと思いませんか?

3つのことを並行しながらやるのは凡人には難しいです。そのうちの1つのことがプロレベルなら尚更。

レースを重ねるごとにメンタルが疲弊しきっていたので、バランスが大事だと2022年シーズンは実感しました。

来年もプロクラスのレースを走るので、上手くこなしたいと思います。

もっと強くなって帰ってくるので楽しみにしていてください。

f:id:hikarusatoutokyo:20221115231041j:image

 

最後に

支えてくださったスポンサーや選手、応援してくださる皆様ありがとうございました。

・クラスアクト 様

・Bioracer           様

・OGK KABUTO

・winspace Japan 様

・その他スポンサー様

f:id:hikarusatoutokyo:20221115230500j:image

チームメイトや補給スタッフ、他チーム、誰1人でも欠けるとレースは成り立たず、僕はここまで走れていません。

この場を借りてお礼申し上げます。

来シーズンの活躍にご期待ください。

 

2022/11/15.    佐藤光

 

 

 

 

 

 

全日本選手権 レースレポート

こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

私の怠慢により投稿が遅れました。もう終わって2週間が経ち、文化祭で大学生活を満喫したり、友達とパフェを食べに行ったりしてました💧

もう記憶が曖昧ですが、それでもよろしければ

個人的主観なので全体のレース内容は自転車情報サイト見たほうがわかりやすいと思います。

 

レースレポート

初のU23カテゴリーの全日本選手権。僕はかなり準備をしてきた。

U23は選手になるための最後のチャンスと言っても過言ではないと思っている。そう考えると4年間のうちに実力不足のリタイアなんて絶対にしたくない。やるならいけるところまでいけたほうがいい。

目標は2つ

・30位以内での完走

ちゃんと準備してるなら、集団から千切れるなんて論外。

・同じ大学の選手よりできるだけ上の順位

僕は部活の環境に縛られるのが嫌で今の自分の力で頑張ることを選んだ。その道に間違いはないことを証明するためにもできるだけ上の順位を目指すことにした。

 

試走も行い、サポートも万端。あとは走るだけ。

f:id:hikarusatoutokyo:20211105121039j:image

今までは周りをみて、強いと有名な選手にビビっていたが、今回は落ち着いていた。

 

号砲が響き渡り、選手たちは一斉に最初の下りに駆け出していく。コーナーが連続するコースなのでできるだけ位置を下げないことを意識する。下げれば落車する確率も上がるので脚を使ってでも最後尾までは行きたくなかった。

 

毎周回、3段坂でアタックが散発していたが集団のペースが早いため中々決まることはなかった。

6周回目でペースがかなり緩み、逃げが決まっているらしかった。そこから追走ができていたが翌周回目からは早いペースを戻り、捕まっていた。

 

集団にいる選手は最終周回で40名弱。最終周回で前に位置取りしなきゃいけないと思うと落車してしまうのでとにかく安全にコーナーをこなす。

坂ではアタックがかかっていたが誰も逃がしたくないのは皆同じなのでペースはかなり上がる。

展望台坂で集団の前方に上がることができたがその後の苦手な下りで位置をかなり落としてしまった。

そのままの位置でスプリントを開始し、20位となった。

下りの位置さえちゃんとできていればもう少し上は狙えていたかもしれない。そう考えると自分の技量のなさに腹が立つ。

 

しかし、目標は達成した。技量の足りない部分は体力でゴリ押すことで完走になったが今期にちゃんとレースに出て場数をふんでいればもう少しマシな走りができていたかもしれない。

f:id:hikarusatoutokyo:20211107162516j:image
f:id:hikarusatoutokyo:20211107162510p:image
f:id:hikarusatoutokyo:20211107162513j:image

 

また半年後(?)

 

 

 

 

一寸先は白 九州チャレンジロード

結果から言いますね

ヤバい、死ぬ!!!!

これでレポートは以上です。ありがとうございました。

 

冗談はさておきこっから真面目に書きます。

 

レースレポート

九州チャレンジロードレース U23

距離  4.67km×15周(約70km)

場所  オートポリスサーキット

天気  雨   

体調  良好

結果  U23 3位/33(全体では10位/90)

 

このレースに出る3週間前に膝をぶっ壊してしまい出場が危うかった。治してからは大会に向けて練習してきた身体を戻すのに時間がかかった。

そんな準備不足で挑んだレースだったので、ほぼやけくその状態で挑んだ。全日本選手権の資格も持ってるし。

当日は朝、雨の中でコースを試走。予め試走してる人の話を頭にいれながら重要なポイントを確認していく。

プロツアーの選手が走るエリートクラスと一緒に走るらしく、ビビっていたが覚悟を決める。

スタート前に雨は弱まったが霧が濃くなった。f:id:hikarusatoutokyo:20210405132815j:image

レーススタート後、ヤバいことに気づく。

霧で次のコーナーが見えず、かなり視界が悪くなっている。

ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバい

見えん見えん見えん見えん見えん見えん

怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い

本当に何も見えないので、集団の1番前が見える位置をキープすることを意識する。そうすればコーナーを曲がるタイミングも分かる。

70km/h出る下りからのコーナーはほぼお祈りしながら突っ込む。

お願いします。曲がってください。

横には沖縄から来てる人もいたので落ち着いて走る。

5周目に大きなアタックがあり、集団の人数は大きく減った。

数えれば20数名。後ろにいればいるほどキツいコースなので前にいれたことは幸運だと思う。

坂のたびにアタック合戦があるが速度が上がるホームストレートと下りで追いつくので逃げはなかなか決まらない。

僕も逃げるか集団の人数は減らしたいので、長めの坂のたびにペースを上げる。

つけそうなアタックであれば追いつき、逃げようとした。

アタックしては追いつき、またアタックするの繰り返しで周回を減らしていく。

最終周回。どこのチームも数を減らしたいのは同じなのでアタック合戦が激しさを増す。

そこからはあまり覚えていない。霧で何も見えないし。

少し後ろからスプリントして、なんとか入賞圏内で終わる。f:id:hikarusatoutokyo:20210408091420j:image

 

このレースで初めてプロと走って強さを実感した。

故障から短期間でコンディションを戻して、サバイバルな展開のレースで集団に残れたのは嬉しい。しかし、積極的にアタックしている選手に比べれば、僕は結果では勝っていても内容で負けている。

全日本選手権ではさらに搾りこみ、臨む。f:id:hikarusatoutokyo:20210408092021j:image

f:id:hikarusatoutokyo:20210408092042j:image

f:id:hikarusatoutokyo:20210408092017j:image
f:id:hikarusatoutokyo:20210408092014j:image

 

 

 

ステップアップ2021

こんにちは。はじめましての方ははじめまして。佐藤光です。

いよいよ冬本番の寒さになってきましたね。今年はいつもよりも厳しい冬になりそうです。

さて、2020年は新型コロナウイルスに振り回された怒涛の1年となりましたね。みなさんはどう過ごしたでしょうか?

ここからは1年の振り返りと来年の活動について書いていきます。

 

2020年。大会数も激減し競技には中途半端な気持ちで打ち込んでいました。

3月に発表されたインターハイ中止のニュース。そこから7月に発表された全国大会開催のお知らせ。色んな情報に躍らされどこに集中すればいいのかわからない中の練習にメリハリなどつくわけがなく身が入りませんでした。

3年という立場もあり進路も気にしなければなりません。

9月に出場した全国大会にはポイントレース予選落ち。10月の高石杯では落車。

今年は今までであまり自転車にも集中出来てなかった1年となりました。f:id:hikarusatoutokyo:20201218211140j:image
f:id:hikarusatoutokyo:20201218211143j:image

結果は残せませんでしたがコロナウイルスでの自粛期間で自分の方向性を決めることができました。

 

まず進路について。

この度、日本大学芸術学部文芸学科に進学することになりました。

どの学部にもあまり興味のなかった僕に顧問がこの道を薦めてくれたことがきっかけです。祖母が音楽、母が絵と家族2代で芸術に関わっていることから何か惹かれる縁を感じました。

大学で教えてもらえることを精一杯吸収していく所存です。

 

自転車競技について。

まず最初に2021年は個人で活動することにしました。ショップチームには入っていますが、沖縄での活動がメインのチームなので東京にいる僕は1人で活動することになります。

個人としてどこまでいけるのか確かめてからちゃんとしたチームに入ろうと思います。

所属は沖縄県宜野湾市にあるバイクショップmaiyoです。自転車を始めた時からお世話になっている場所で僕の自転車生活の原点です。

f:id:hikarusatoutokyo:20201218212813p:image

派手なジャージなのでかなり目につくと思います。レースで一緒になったときはよろしくお願いします。

トラックレースはやめて、ロードレースだけに集中します。年間5,6レースに出場します。

4月にチャレンジロード2戦。

5月に何かあればそこへ

6月は全日本選手権

10月はジャパンカップオープン

11月はツールドおきなわ市民210kmクラス

といったかんじです。

特に全日本選手権ツールドおきなわに焦点をあてて活動します。

自分のペースでやるぶん覚悟をもってやらなければなりません。地元のレースでは上位を狙うことを夢見て練習に励みます。

 

 

最後に

この年は慣れない環境のなか色んな人と頑張ってきました。僕と関わってくださった方、ありがとうございます。

これを読んでくれている未来の同級生のみなさんも春からよろしくお願いします。

では、良いお年をf:id:hikarusatoutokyo:20201218214401j:image

 

 

 

高石杯 2020 引退レース

近況

こんにちは。もうすっかり秋めいていますね。寒さに凍える準備は皆様できていますでしょうか。今年はラニーニャ現象とかいう可愛い名前しときながらえげつないヤツでさらに寒くなるそうです。 

死にますね

 

 

レースレポート

場所 群馬サイクルスポーツセンター(6km)

体調   良好だがあまり仕上がってない

天気  晴れ

距離   6km✖️10raps 計60km

結果   24位/105名

 

今年の最初で最後のロードレース。思いは十分。そして、この大会をもって部活を引退。

普段のレースとは違う心持ちで挑んだ。

いつも通りにアップを始め、準備は万端。

レースはパレードランなしでスタート。列真ん中のアウト側のスタートのため、カーブでできるだけ前に上がる。

1周目はペースが久しぶりのロードレースだからか速く感じた。これで集団がだいぶ絞られた。

2周目の心臓破りの坂で八王子桑志の2人と他校の3人が集団から抜け出した。このアタックに乗っていきたかったが、集団の真ん中にいたため反応できず。

3周目 逃げている5人を追いつつ、集団は少しペースが上がる。この周で他校の3人が捕まる。

4~6周目  できるだけ前に位置取りして、周回をこなしていく。少し落ち着き余裕をもつことができた。逃げていた八王子桑志とのリードは1分40秒まで広がったが、残り3周で捕まる。

7~9周目 逃げていた2人が捕まり、アタックが少しあったが逃げには至らない。集団で残り距離を消化していった。

最終周  ゴールに向けて集団の緊張が高まる。この時点で集団の真ん中に位置していたため、もっと前に上がる。心臓破りの坂を順調にこなした。

ゴール500m前で10位前後の位置まで上がった。しかし、前方の選手が横にいる選手に引っかかり落車。それに突っ込むかたちで僕も落車した。

幸いにも、バイクにダメージはなかった。擦過傷が3箇所できたが大きな影響はなし。

引退レースを落車で終わらせたのはとても悔しい。ある意味では僕らしいのかもしれない。f:id:hikarusatoutokyo:20201105074307j:image

f:id:hikarusatoutokyo:20201105074351j:image

部活のジャージで走ったレースは落車で始まり、落車で終わった。

ちなみに誕生日でもあった。擦過傷が誕生日プレゼントなんて酷い。

 

 

 

 

 

 

2020JCSPA ジュニアサイクルスポーツ大会

近況

こんにちは。気温が低くなり、秋の訪れを感じますね。私はと言うと進路で死神の鎌が迫っているのを感じています。

 

レースレポート

場所  京都向日町競輪場(400m)

体調  疲労感が残る

出場種目  チームスプリント、ポイントレース

 

チームスプリント

3人で1周ずつ人が抜けていく、チーム競技。

1走と2走の僕は3走者のおまけみたいなものなので、タイムは期待してなかった。

1組目のスタートで埼玉の川越高校との対戦となった。

僕が抜けるまで、少し負けていたが3走が巻き返してくれた。

しかし、1走がラインを追い越して抜けてしまったため、最下位へ降格となった。f:id:hikarusatoutokyo:20200929231217p:image  

最後まで風よけにはなりませんでした(笑)

 

ポイントレース予選(12km)

本命となるレース。このために色んなレースの動画を見て、どう動くか考えてきた。

作戦ではできるだけポイント周回前に集団の前へ陣取り、ポイントを取れればいいと考えていた。

しかし、陣取るまではよかったものの短時間の力がなくポイント周回を3回5位で通過してしまう。

この結果についてはすごく悔しい。3回も勝負してあと一歩が届かなかった。少し泣きたくなった。

f:id:hikarusatoutokyo:20200929231856p:image

 

総括

いずれの結果も短時間のパワーが足りないという証明になった。

オフトレーニング期間は、部活を引退しているのでスプリント力強化を重視してトレーニングしていく。

トラック競技は引退となったが、まだ自転車競技は続けるのでよろしくお願いします。

 

 

東京都thanksmatch ロード競技

近況

久しぶりの更新です。いかがお過ごしでしょうか?こっちは勉強や部活で忙しいです。

大変ですね、

 

レースレポート

場所   群馬サイクルスポーツセンター

距離   6km✖️2

天気  晴れ

体調   とても疲れてる

順位   8位(3年生内)20分31秒

体重  52.5kg

 



今回は新型コロナウイルスで多くの大会が中止になるなかで久しぶりに行われた大会だった。このご時世では大会はあるだけでもありがたい。

しかし、ロードレースではなく感染防止のためタイムトライアルとなった。

個人的にはタイムトライアルはとても苦手なので、そこそこで走ることができればいいなと思ってた。

あまりとばさずにスタートし、坂はできるだけ攻めた。しかし、坂で力が入らずに後からスタートした選手全員に抜かれてゴールした。

心拍数は高いのに、パワーは全く出ていなかった。
f:id:hikarusatoutokyo:20200821132431j:image

やはりクランク長(155mm)が短すぎたのだろうか?

帰宅後、父からポジションについて解説があったがかなり酷かったらしい。
f:id:hikarusatoutokyo:20200821132735j:image

後輩にもタイムで負けてしまうという悔しい思いをしたので、もっとポジションについて考える。
f:id:hikarusatoutokyo:20200821132922j:image

 

 

ロードレースしたいね。

 

お知らせ

Fuji sl eliteを購入しました。

これで、ポジションについての悩みも解決しそうです。


f:id:hikarusatoutokyo:20200821133140j:image